</a>
タグ:市美展 ( 8 ) タグの人気記事

2018年 03月 12日
★第52回大分市美術展に出品しています
e0193561_23424062.jpg
今回は受賞していませんが、展示はされています。

今回の最高賞である大分市長賞は写真と工芸で、絵画は入っていませんでした。
僕の作品は撮影OKです。
やっぱり100号くらいの作品が強い気がしましたが、小さいサイズの水彩画やデッサン画等も受賞していました。

◼︎第52回 大分市美術展◼︎
◼︎会期:平成30年2月23日(金)〜3月25日(日)
    10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、最終日は12:00まで
    休館日:2月26日(月)、3月12日(月)、19日(日)
◼︎会場:大分市美術展
◼︎観覧無料

来場者による「オーディエンスいいね!賞」の投票期間は2月23日(金)〜3月15日(木)です。
美術館の玄関から入ってすぐの所に紙が置いていますので、そこで投票用紙を貰わないとチャンスありません。。。
そこをスルーしてしまうと、立体作品、受付、絵画...と続きます。
投票した方も抽選でプレゼントを貰えるそうです。



[PR]

by ymtdsk | 2018-03-12 00:04 | 美術 | Comments(7)
2018年 02月 18日
市美展搬入の日
お久しぶりです。
市美展の搬入に行ってきました。

今回も僕はS50号のアクリル画です。

構図がマンネリ化しだした気がしますが、、、
新しい試みも少しだけ取り入れてみました。
e0193561_22114484.jpg
◼︎第52回 大分市美術展◼︎
◼︎会期:平成30年2月23日(金)〜3月25日(日)
    10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、最終日は12:00まで
    休館日:2月26日(月)、3月12日(月)、19日(日)
◼︎会場:大分市美術展
◼︎観覧無料

今回は「オーディエンスいいね!賞」という賞もあるそうです。
2月23日(金)〜3月15日(木)までの来場者投票で決まる賞みたいです。



[PR]

by ymtdsk | 2018-02-18 22:17 | 美術 | Comments(4)
2016年 04月 02日
市美展を見た日
先週で、大分市美術展が終わりました。
作品は家に帰ってきました。

ご覧になって頂けたでしょうか。

僕の作品は、納得の出来ていない部分が多く、もっと頑張れたと思っています。
加筆しようかと考えています。
未完成ですが、なんとか区切りの良いところで終わらせたのでサインを入れました。
しっかりサインを書いてしまうと「完成」という事になってしまうと思い、後で消す事のできる鉛筆でササっと簡単に書いたサインでした。(いつもとサインが違う事に気付かれた方もいました。)
今作が一番良いという方もいましたから、自分の納得のできていない部分を補えば完璧に近くなるのかな。。と思ったりしました。
e0193561_10153028.jpg

50周年記念大賞を受賞されたのは村上真由美さん。
森洋一先生の絵画教室の生徒さんなのですが、重厚なマチエールを作る森先生直結ではない画風で女性らしい繊細なマチエールの上に淡く柔らかい雰囲気で描かれた作品でした。
構図も良かったです。異なったポーズをとる4人の人物が描かれているのですが、人物の頭の部分を全て入れず、逆に足から下の床の空間を多く取る構図が良いです。
僕も4ポーズの裸婦を1画面に横並びに配置した絵を描きましたが、空間の取り方にまで考える力がなかったですね〜。

大分市美術館賞の伊藤さんのシルクスクリーン作品は、卒業制作展で見ましたが、ズルいですよ。受賞しますよ。
超繊細なシルクスクリーン作品で、写真をパソコンで加工した後に製版したのか、、、工程は憶測でしか言えませんが、、、抽象画にも見える作品で、僕の好きな感じでした。

あと、アート・ブラザー賞の斎藤さん、、、
以前から大分で発表されていました???初めて見た気がします。
色使いがバリ島の民族衣装の様でもあり、日本の極彩色の様でもある。
しかし、モチーフは西洋絵画でよく使われる静物だったりして、絵の中にある文様の様なデザインはオリジナルなのでしょうか。。。
僕も持っていない感覚でした。

それと、大分市教育長賞の後藤さんの切り絵は、小さい作品でしたが秀逸でした。
パッと見は小さくて素通りしてしまいそうになりますが、じっくり見てみました。
漢字、ひらがな、カタカナを使って書かれた文章の文字を切り取ったものでした。(文字だけを切り抜いてしまうと、バラバラになるので、文字と細かい網が重なったものを切り抜いて作っていました。)
会場では「細かい」と思って写真を撮りました。家に帰って文字を読むと、亡くなったおじいちゃんへ宛てた文章だったのです。泣きそうになりました。
作品中に文字を使って感情移入させるのは、美術ではズルい気がしますが(笑)、これも新しい表現だなと思いました。
実は以前アートマーケットで作品についての話を聞いた事のある方でした。

緑ヶ丘高校の生徒も何人も受賞されていて、良いと思う作品がありました。

黒川さん、森さん、西牟田さん等のベテラン組さんの大作が並ぶ壁もありましたね。

受賞されていない作品にも良いものがあり、知り合いの作品もありました。

今回は、締め切りギリギリまで描いて(いつもの事ですが)、出品しないでおこうかと諦めそうになりましたが、出品せずに諦めると絶対後悔するのは知っていたので出品しました。
受賞もできましたし、良い結果になりました。
来年は早めに完成させたいです。
[PR]

by ymtdsk | 2016-04-02 10:26 | 美術 | Comments(0)
2016年 03月 04日
★第50回記念大分市美術展に出品しています
昨日、市美展に出品しましたという記事を書いたばかりですが、、、

e0193561_22255444.jpg

大分合同新聞社賞を頂きました。

第50回記念 大分市美術展
■会期:平成28年3月4日(金)〜3月27日(日)
    10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、最終日は10:00〜12:00
    休館日:3月14日、22日
■会場:大分市美術展

大分市の記事
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1425598701171/index.html

受賞者リスト(pdfです)
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1425598701171/files/aaa.pdf
[PR]

by ymtdsk | 2016-03-04 22:30 | お知らせ | Comments(0)
2016年 03月 02日
市美展搬入の日
お久し振りです。

この間の日曜日、大分市美術展出品の為に作品搬入を行いました。

今回の作品は...
自分の考える完成度の100%までは達する事が出来ませんでした。。。
(いつも100%ではありませんが...)
理由としては、新しい事を色々試していたからです。
試したのですが、結局は塗りつぶしてしまいました。。。

絵を鑑賞する時は、作品の対角線の長さの倍くらいの距離から鑑賞すると丁度いいと、中学生の時に美術の先生から教えてもらいました。(細部を見る場合は近づきますが)
今回の僕の絵を見る時は、もっと離れてもいいかもしれません(^^;)

納得のいく作品を制作するなら、もう来年の作品を制作スタートしないといけないかもしれませんね。。。

しかし、見せる事の出来るギリギリまで仕上げたつもりです。

e0193561_20151727.jpg


もっともっと頑張ります。

第50回記念 大分市美術展
■会期:平成28年3月4日(金)〜3月27日(日)
    10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、最終日は10:00〜12:00
    休館日:3月14日、22日
■会場:大分市美術展

明後日からです!
[PR]

by ymtdsk | 2016-03-02 20:21 | 美術 | Comments(0)
2015年 03月 13日
大分市美術展へ行った日
やっと昨日行って来ました。

e0193561_13492582.jpg

大分市美術館!
丘の頂上にあるので、坂が辛いですが・・・
自転車を押しながら歩いて10分以内で登る事が出来ました。

e0193561_13492979.jpg

中央の作品が僕の作品です。
実物を見て頂きたいのと、他の作品も写っているので小さい画像でアップしました。

狭い家で描いていると大きく感じるキャンバスが、大作だらけが並んでいる会場では小さく感じる事が多いのですが、今回はそれを感じませんでした。
周りが同じサイズだったからでしょうか。。。

僕の作品の見所は・・・
人物の描き込みが一番です。
リアルを目指して描いているのですが、画材が不透明水彩の絵具で艶が無く重ね塗りによる色の深みを作り難い為に写真の様なリアルさは出ていません。(何度かブログで書いていますが、日本画を経験している為、同じ様な絵具に魅力を感じて意図的にそうしているのです。)
それと、構図も見所だと思います。余白を大きく取って、鑑賞者が普通最初に見ると思われる絵の中央には何も描かず斜め上と斜め下に体を配置している構図はスリルがあると思っています。また、背景と衣服を同化させて背景にしています。その白い背景も絵具を塗り重ねて作っている為、「真っ白」ではありません。凝視すると白い絵具の下に何色か色を発見出来ると思います。塗り方はあえて荒くして、メインの人物との対比を行減しました。
それと腕時計は小ネタの様なものです。メインの人物とも背景とも異なる物としてアクセントです。
最後にサインが「www.ymtdsk.com」になっているのは、自分が存在している環境が、半分現実の世界で半分インターネットの世界だからです。これを読んでいるあなたもそうでしょ?現代っ子って事で(^ ^;)

こういう展覧会では他の作品を見て「やられた!」「負けた!」と感じる事が多いのですが、それはあまり感じませんでした。
自分の作品に愛着があるからでしょうか。。。

洋画・版画部門の応募総数は119点。その内、入賞点数は10点。僕は6番目。


他の作品について。。。

今回も、会場の入口を入って直ぐの彫刻コーナーから良い作品がありました。
市内で美術を専門に学習している緑ヶ丘高校の生徒の作品がいくつかありました。高校生なんですけど、大きいキャンバスに描いていて腕があるのです。
知り合いの作家さんの作品もチラホラ見かけ、、、
受賞していない作品にも面白いものがありました。
トップ賞である大分市長賞を受賞した守屋さんの作品は、「トップは当然その作品でしょう。」という感想。リアルに描かれた裸婦像の作品で構図は安定したシンメトリー。バックに描かれた壁の模様も細かくじっくり見る事の出来る作品でした。市美展の応募規定ではキャンバスのサイズの上限が100号で、僕の作品は50号でしたが、守屋さんの作品サイズはそれよりも小さいサイズでした。しかし手間をかけてじっくり制作しているので濃度のある作品でした。
それと、写真部門も面白い作品がありました。
写真部門で大分市長賞を受賞した西山さんの作品が凄かったです。
白い布を被せた人物を撮影した写真で、近づいて見ても「これは写真だ!」と言われなければ「CGなのか?水彩画なのか?日本画なのか?・・・」と思うくらいの不思議さを持っていました。
画面にある色は白とグレーのみ。
作品自体も完成度が高かったですが、額装も含めて完璧だと思いました。
デザイン部門は別館での展示になっていました。



まだまだ開催中ですので、見に行ってみて下さい。

□告 知□

第49回 大分市美術展で作品展示中です。
『a』という作品でエフエム大分賞を頂いています。

□会期:平成27年3月6日(金)〜3月29日(日)
    100:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、3月29日(日)は10:00〜12:00
    休館日:3月9日(月)、3月16日(月)、3月23日(月)

□会場:大分市美術館
□観覧:無料
[PR]

by ymtdsk | 2015-03-13 14:40 | 美術 | Comments(0)
2015年 03月 06日
★第49回 大分市美術展に出品しています
先日の記事でもお知らせしましたが、今日から開催です。

今回は、エフエム大分賞という賞を受賞しました。
僕の作品はS50号の人物を描いたアクリル画です。

鑑賞のポイントとしては・・・
描き込んだ部分と、そうでない部分の対比。
余白を作って、不安定なようでギリギリ安定してる(と思う)構図。
・・・でしょうか。
兎に角、誰もやっていないような画風の作品を制作したくて描きました。

第49回 大分市美術展
□会期:平成27年3月6日(金)〜3月29日(日)
    100:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、3月29日(日)は10:00〜12:00
    休館日:3月9日(月)、3月16日(月)、3月23日(月)

□会場:大分市美術館
□観覧:無料
展示作品の写真撮影可能です。
[PR]

by ymtdsk | 2015-03-06 11:11 | お知らせ | Comments(0)
2015年 03月 02日
作品を搬入した日
お久しぶりです。
昨日、市美展の搬入に行ってきました。
去年と同様、搬入日前日から徹夜で搬入時間ギリギリまで制作して・・・知人に手伝ってもらい、2人で歩いて運びました。

e0193561_13453597.jpg


今回の作品も正方形の50号(116.7cm x 116.7cm)のアクリル画。
写実的な人物画です。

審査結果(入賞者、入賞作品)は、大分市のホームページ等で前日辺りに発表されると思います。

第49回 大分市美術展
□会期:平成27年3月6日(金)〜3月29日(日)
    100:00〜18:00(入館は17:30まで)
    ただし、3月29日(日)は10:00〜12:00
    休館日:3月9日(月)、3月16日(月)、3月23日(月)

□会場:大分市美術館
□観覧:無料
[PR]

by ymtdsk | 2015-03-02 14:04 | 美術 | Comments(0)