人気ブログランキング | 話題のタグを見る
</a>
2023年 12月 29日
新潮流‘23展に出品した日
2023年11月28日(火) から2023年12月03日(日)の期間、大分県立美術館で開催された
「新潮流‘23展」に出品しました。

いつも新潮流展はスプレーのみで描いています。以前やっていたステンシルも使わず。
新潮流‘23展に出品した日_e0193561_10564862.jpg
今回は、兎に角大きくインパクトのある作品にしたかったのです。ですが、前回の新潮流展の作品(イナゴの絵)と同じサイズでした。縦にしたので大きく見えたと思いますけど。

自己評価としては、上手い作品ではないですね。上手いに越した事はないのですけど。
慣れない技法を使って、どれだけ描けるかを課題としていました。本当はもっとリアルに描きたかったのですがスキルが無いので「モデルさんを参考にしてアレンジした絵」となりましたね。

普段スプレーを使ってないので本当にスキル不足な絵を晒しましたが、挑戦はできたかなと思います。




# by ymtdsk | 2023-12-29 10:55 | 美術 | Comments(2)
2023年 12月 10日
小学校に行った日
先月の話ですが、北九州の小学校の授業に参加しました。

僕の入っている行動大分の秋月さんのAKIZUKIアートデザイン事務所による、
北九州市学校応援基金事業「ホンモノと出会える」という企画でした。

この企画は今年の1学期に第1回があり、僕は2学期の第2回目の参加でした。
行動大分の作家の作品(絵画、彫刻)を小学校一定期間展示して、普段目にしない作家の作品の実物を見てもらう事。そして、作家本人の話を聞く事。更に、作家の企画で生徒が共同制作する事。以上の3点がこの「ホンモノと出会える」の中にある企画でした。
小学校に行った日_e0193561_20254678.png
僕を含め5人の作家が中心(サポート2人)で行きました。
作品は事前に学校に持って行き展示してきました。

11月14日(火)

まず、10時から2年生が5グループくらいに分かれて5人の作家に質問をしたり話を聞きました。
そのあとは4年生、6年生と、トークしました。
2年生が元気が良いですが、4年、6年になるにつれて大人しくなっていきます。
質問のレベルも上がってきました。
不思議だったのが、4年生だけ同じ質問が続いたことです。
僕がチューリップの絵を1点持って行っていたのですが、その絵は赤や黄色や白のチューリップが密集して植わっている様子です。花の上の余白の空に見える部分は白にして、茎や葉は緑色でしたが部分的に下の方を白くしてアレンジしました。
その絵を見て、4年生だけから「なぜチューリップを逆さに描いているんですか?」という質問が来ました。
2年生にも6年生にも無い感覚を、子供から大人っぽくなる間の4年生は持っているんじゃないかと思いました。

昼は給食をいただきました。

午後はアート体験。
4年生を対象に、4グループに分かれて大きな作品をみんなで制作しました。
僕のグループは「みんなでライブペインティング」という名目で、「完成したら楽しい絵に見えるように」という目標でした。30分くらいしか無い時間で1クラスの生徒を班で分けて行いました。
一応ルールとしては、僕が何かの形(何かわからない形)を描きつづけます。それをヒントにみんなが描き加えて大きな1枚の紙に賑やかな絵を作っていく事が理想でした。例えば、僕が丸を描くとそれをヒントに生徒が「ヘタ」を付け加えて果物にする。そうなってくれると良いと思い、僕自身も何かを描き続け生徒も色を塗り続けるんだろうなと思っていました。
しかし、結果は、、、
スタートすると僕の描く線とは関係なく絵具が塗りつけられ、僕が描く線は描く度に塗りつぶされ、、、
手形をOKにしたら、顔に絵具を塗りつけ顔形まで取る子まで現れ、、、
思っていた流れとは全く違うカオスな状態になりました。
女の子はパステルカラーを使って絵を描いていましたが、男の子は絵を描くよりも絵具で遊ぶ子の方が多かったです。
しかし、、、
「完成したら楽しい絵に見える」絵になったと思います。
小学校に行った日_e0193561_20321959.jpg
僕たちは大分県の作家ですが、ご理解のある北九州市の校長先生と学校の先生と生徒さんのお陰でとても良い経験をさせていただきました。


# by ymtdsk | 2023-12-10 20:32 | 芸術 | Comments(4)
2023年 10月 18日
★第59回県美展に出品しています
本日から大分県美術展が始まりました。

★第59回県美展に出品しています_e0193561_23303348.jpg
県美展にも出品しています。
そしてまた賞を頂きました。「大分県美術協会賞」でした。
今回の審査員は日比野克彦氏でした。
★第59回県美展に出品しています_e0193561_23301614.jpg
今回は審査の手伝いも行い、日比野さんの審査を見ることができました。
厳しい審査だったと思います。一般の全作品、会員の全作品を見られて審査されました。
日比野さんとしては「オリジナリティのある作品。自分の持っている世界観のある作品。」を選ばれたとのことです。
けんしん美術展で全力を出し切った後で急いで頑張って仕上げた作品は自信がなかったのですが、認めて頂けて嬉しいです。

県美展の審査は昔一度バイトで手伝いに行った覚えがあります。その時に髙山辰雄を見た気がします。

⬛︎第59回大分県美術展
⬛︎期間:2023年10月18日(水)〜10月29日(日)
    10:00〜19:00
    金・土は20:00まで
⬛︎会場:大分県立美術館1階展示室A、3階展示室B
⬛︎料金:大人500円、高大生300円、中学生以下無料、障がい者無料




# by ymtdsk | 2023-10-18 23:48 | お知らせ | Comments(6)
2023年 10月 15日
★第32回けんしん美術展で入賞しました
昨年大賞を頂いたけんしん美術展ですが、また賞を頂きました。
大賞受賞すると出品をしなくなる方が多いですが、僕は出品しました。
本当は僕もけんしん美術展を引退しようと考えていました。
しかし、出品して欲しいという声を頂き出品しました。
やるからには本気です。
本気でやったら賞を頂きました。

大賞の次の優秀賞の中の1つに選んで頂きました。
★第32回けんしん美術展で入賞しました_e0193561_22262198.jpg
最近描いている人物画ではなく、植物を描きました。
画材も画風も変えて。

ほぼ初めての試みで自分としても挑戦でした。
しかし、良い結果が出て良かったです。

僕の知っている方も沢山出品されていますし、面白い作品が沢山あります。
今回は8歳から101歳の出品者で、最高齢の101歳の方が受賞されています。

⬛︎第32回けんしん美術展⬛︎
⬛︎期間:2023年10月11日(水)〜10月20日(金)
    (土日祝も開催)
⬛︎時間:午前9時〜午後5時
⬛︎場所:大分県信用組合 本店 5階ホール





# by ymtdsk | 2023-10-15 22:33 | お知らせ | Comments(4)
2023年 06月 09日
★青木繁記念大賞ビエンナーレ結果発表の日
行動大分作家展も終わりました。

待ちに待ったこの日。
今日封書で届くんじゃなかったのかな?
家に帰っても届いてなかったのでスーパーで買い物してたら、同じ市内の作家さんから電話がかかって結果を知らされました。ネットで発表されているとのこと。

いやいや、僕は楽しみにしてたんですけど。。。

宝くじも端っこからジワジワずらして番号見たいタイプなんですけど、、、

ビックリマンも袋から出して、手の感触で確認して、ジワジワずらして確認してたタイプなんですけど、、、

高校受験の時と一緒ですやん!受験番号見に行く前に知り合いの方から電話があって「おめでとう!」って、、、
ありがたいですけど、、、

ブログではジワジワ発表していきます。

まず、318名の作家、443点の出品作品があったそうです。
その中の12点が入賞作品で79点が入選作品。
入賞作品は賞金ありです。1位が200万円、2位が100万円。

僕は2枚出品しました。
力を入れた1枚と、昨年東京の行動展に2枚出品して1枚落選した分。後者は手を加えてブラッシュアップしてから出そうと考えていましたが、もう一枚の方に力を入れていた為そのままでした。
結局はレベルの差のある2枚を出してしまいました。


結果は、














また明日、、、



なんて事は今回せずに、発表します。





1枚 入選です。

力を入れた方です。


入選止まりでした。。。
2ヶ月くらい前から制作始めていたのですが、下地のトラブルがあったりして結局は1ヶ月ちょっとで仕上げてしまいました。もっと時間をかければ良かったのですが、後の祭り。
次頑張るしかないです。


まあ、展示はされるので行ける方は行ってみてください。

大分県からの出品者で知っている作家さんは、斎藤隆輝さん、川野美華さん、高木悦子先生でした。
大分県からの唯一の受賞者である真澄アキヒロさんは昔個展でお会いした事はあります。


青木繁記念大賞ビエンナーレのサイト

第7回青木繁記念大賞ビエンナーレ
日 時2023年7月1日(土)~7月30日(日)
会 場久留米市美術館 1階展示室
入場料一般:200円  大学生:100円


次がんばろう!!!!!!!!!!!!!!


# by ymtdsk | 2023-06-09 22:53 | お知らせ | Comments(2)