</a>
<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 22日
福岡に行った日
昨日は福岡へ行ってきました。
目的は、グラフティライターのKYNE氏の参加している2人展へ行く事でした。
KYNEというライターは、福岡を中心に活動している(と思う)人で、可愛い女の子の作者です。
e0193561_138474.jpg

前回福岡に行った時に撮った写真にも写っています。

で、その2人展というのがSQUASHという服屋さんの別店舗で開催されています。
KYNEとTORIという2人による『DIAMOND GIRLS』。
e0193561_1391995.jpg

アパートの一室。どうやって入るの?!というような場所。。。
e0193561_1392749.jpg

グルッと回ってアパートの入口から・・・
e0193561_1393134.jpg

入ると作品がズラリ。
作品はパネルに手描きしたものや、シルクスクリーンで刷ったものでした。

本当は作品を購入しようと考えていたのですが、かわいい作品は売約済みでした・・・
売約済みシールが付いていない作品は数点しか残っていませんでした・・・
また次の機会に。。。

KYNEで満足したのですが、せっかくなのでもう1ひとつ見に行ってみました。
e0193561_1393514.jpg

行ったのは、福岡アジア美術館で開催中の第5回福岡アジアトリエンナーレ。
国内外のアーティストの、絵画作品、映像作品、インスタレーション作品等が展示されていました。
やっぱり僕は絵画に惹かれてしまいます。
しかし、ゾッとするような立体作品。
ウワッ!っと驚いた映像作品。
作品の中に溶け込むようにのんびり鑑賞できたインスタレーション作品。
いろいろありました。

頑張ろ。



Scratch on the Wall 日本のグラフィティ+ペインター最前線



Sekt Cap Adapter 海外ノズル変換用アダプター スプレー缶ノズル (graffiti グラフィティ)
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-22 02:02 | 芸術 | Comments(0)
2014年 10月 15日
★第23回けんしん美術展に出品しています
『第23回 けんしん美術展』
□期間:平成26年10月15日(水)〜10月24日(金)(9:00〜17:00)土日も開催
□場所:大分県信用組合 本店5階大ホール

早速行って来ました。
e0193561_1325495.jpg


先日、県美展で見たベテランの作家さんの作品も多かったですし、初めて見る様な作家さんの絵もあり楽しめました。
賞に入っていない作品でも良い作品が沢山ありました。知っている人が多く出品されていましたし。

僕の作品は『sight』というタイトルで、会場をグルッと一周した終わりの方に展示されています。
先週の10日(金)の大分合同新聞の夕刊紙面に掲載されていたようですが、「佳作」を頂きました。

少し説明すると・・・
またまた今回も写実的に人物を描いたアクリル画です。
写実ですけど、スーパーリアリズムまでは求めていないのです。(使用している絵具が艶の無いものなので、限界があるのです)
あと、背景と人物の塗りつぶした部分は「間」です。無駄な物を極限まで削ぎ落とした感じです。
「間」の部分は塗り残しやサボった部分に見えない様に、ちゃんとマチエールを出して塗り込んでいます (^ ^)

兎に角、見に来てみて下さい。
色んな作品を見る事ができますし、来場者による投票もあります。
宜しくお願い致します。
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-15 13:59 | お知らせ | Comments(0)
2014年 10月 10日
3つの展示を見た日
先日、県美展を見に行きました。
前回の春期県美展(第49回)では受賞しましたが、今回は出品しませんでした。
今回は第50回記念の県美展なのに、出品せず49回の時に受賞というのが僕らしいのでしょうか(^ ^;)
e0193561_23474737.jpg

今回は記念展なので宣伝も大々的にやっていて、会期も長いのです。

僕は大分県芸術会館で開催されている、日本画・洋画・彫刻・工芸部門を見に行きました。
(写真と書は大分市美術館で開催中)

出品作品は多かったです。
搬入総数696点、受賞総数75点でした。(芸館)



そして、昨日はthe bridgeで開催中の『森 貴也展』、センチュリーホテルで開催中の『堀 佐和子展』を見に行きました。
森君の個展はこんな感じ。
e0193561_23534390.jpg

the bridgeが改装中の為、カフェスペースとギャラリースペースが一緒になっていて、少し窮屈な感じでしたけど、運良くお客さんの居ない時間に行けてゆっくり見る事ができました。
今回の個展は、大分にいる25組のアーティスト(絵描きからミュージシャンまでジャンルは様々)とのコラボ作品ばかりでした。
正方形のパネルを25組のアーティストに提供して作品を制作してもらった後、森君が手を加えるという手法。以前僕が参加した行動展の時と手法が似ています。
大喜利に近い手法だと思います。
実はこの手法、過去にイラストレーターの山田緑さんとやってるんですよ〜。
http://blog.livedoor.jp/maxwaltersvanberg56/archives/51860664.html

そういえば、行動展で一緒だった作家が多くコラボしていましたけど、僕入ってないよ?

ということで、次は掘先生の個展へ。
センチュリーホテルのロビーで開催中。
e0193561_23534856.jpg

過去の作品から新作まで展示されていました。

堀先生らしい優しい感じの、絵を楽しんで描いているという感じが伝わる作品ばかりでした。

最近の僕の画風は柔らかいですけど、実は内面は攻撃的ですからね〜。

そんな僕の新作が展示されます。
『第23回 けんしん美術展』
□期間:平成26年10月15日(水)〜10月24日(金)(9:00〜17:00)土日も開催
□場所:大分県信用組合 本店5階大ホール

前回よりも賞のランクは落ちましたけど、受賞しました。
行ってみて下さい。
写真撮影可能です。
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-10 00:26 | 美術 | Comments(0)
2014年 10月 05日
けんしん美術展搬入の日
昨日、けんしん美術展の作品搬入に行ってきました。

e0193561_2572660.jpg


このブログに何度も書いていますが、けんしん美術展は大分県信用組合が主催している美術展なので、展示場所が信用組合の建物内になるのです。その為、展示可能作品数が限られてしまうのです毎年150点!それ以上は搬入不可能になってしまいます。
作品搬入期間は2日間あるのですが、数年前に搬入2日目に作品を持って行くと閉め切られていました。そんな悔しい思い出があるので、2日間の搬入期間がありますが1日目に持って行くようにしています。
今回も1日目の昼過ぎに持って行きました。
僕の受付番号が119でした!搬入開始4時間でこれでした。。。



今回もラストスパートは睡眠時間を削って制作しました。
(計画的に制作すれば無理しなくても済むと思うんですけど。。。)

徹夜とかしていたら、風邪を引いてしまいました。。。
喉が痛くなり、体がだるくなり、鼻水が出るようになったのに、搬入前日は睡眠時間1時間という無理をして・・・
葛根湯の様な内服液を3日連続で飲み続けて・・・その効果があるのか分かりませんが取り敢えず体力は維持しています。。。

そんな無理をして制作した今回の作品ですが。
またまた人物画です。
前回のけんしん美術展に出品した『bright』から女性像を描き続けていますが、その最新作です。

作品展示期間は来週からです。
その前に審査があって、受賞作品が決まります。

■第23回 けんしん美術展■
■期間:平成26年10月15日(水)〜10月24日(金)(9:00〜17:00)土日も開催
■場所:大分県信用組合 本店5階大ホール

是非見に来て下さい。
また直前にお知らせします。
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-05 02:59 | 美術 | Comments(0)
2014年 10月 05日
#ATRQA の日
□ようつべ□
Atari Teenage Riot - "Modern Liars" (Official Video)


僕が影響を受けたバンドATARI TEENAGE RIOTがQ&A企画をするという事をTWITTER上で知りました。

e0193561_2244296.jpg


彼等はUKにいたのでしょうかUKの夜9時頃から1時間限定で質問を受け付けて、メンバーが答えるという企画でした。
日本では朝4時スタートの5時終わり・・・
影響を受けたミュージシャンなので、軽い気持ちで質問してみました。

まず、1発目はこれ。
彼等は何度も日本に来た事もありますし、日本のミュージシャンとのコラボやリミックスをしています。
でも意外な名前が聞けるかと思って「日本のバンドで好きなバンドはありますか?」と質問しました。この時「MAD CAPSULE MARKETSを除く」と書いたのには、MADは日本のATARI TEENAGE RIOTといっても良いくらい似たサウンドで、ATARIのリーダーであるアレック・エンパイアはMADのリミックスを手がけているからです。
そうすると、早速リプライがありました。
e0193561_2245724.jpg


e0193561_225485.jpg

「Guitar Wolf! Melt Banana! Merzbow! Audio Active! Masonna! Keiji Heino!」(正確にはKeiji Haino)
ギターウルフのリミックス経験があったと思いますし、メルツバウとの競演もあり、オーディオアクティブは有名ですので納得出来ました。
マゾンナや灰野敬二の名前が出た事に「おー!」と思いました。
ここに出たミュージシャンのサウンドはノイジーで激しいものが多いです。

Alec Empire vs Merzbow - The White Man Destroys His Own Race


その後、アレックからの返信あり。
e0193561_22571.jpg

「I can tweet a LONG LONG list of Japanese musicians!!!」との事。
本当は、そのリスト全部知りたいんですけど(笑)

Tatsuhiko Asano - Lemonade [Genny Haniver]


「you know Tatsuhiko Asano ?」というリプが。
僕は知りませんでした。

最初のリプライでノイズ系のアーティストが多くあげられたのに、この浅野さんというアーティストの曲はメロディアスでうるさくもない。
ATARIのサウンドはノイジーで早くてうるさいのですが、アレックはアンビエント調の静かな曲も作ったりしているので納得できました。

アレックの静かなソロ曲。
Alec Empire - 2572


e0193561_2251146.jpg


次に・・・
e0193561_2251963.jpg

「do you know Synth Sisters ?」と。
また僕は知りませんでした。。。
本当に日本好きなんだなと感心しました。

Technogaoka vol.7 SYNTH SISTERS


後日、アレックお気に入りの浅野さんから直接リプライ頂きました。
e0193561_2252384.jpg


僕の書いた英文ツイートの幾つかが世界中のATARI TEENAGE RIOTファンに拡散された訳なんです(笑)フランクな英会話に慣れていない真面目な英文だと思うのでちょっと恥ずかしいです。

あと、他の人が「コラボレーションの予定はあるか?」という様な質問して、その答えに「Knife Party」と答えていたのに驚きました。
ATARI TEENAGE RIOT x Knife Partyには期待したいと思います。
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-05 02:42 | 音楽 | Comments(0)
2014年 10月 05日
藤野啓子さんと最上もがさんの日
もう終了して時間が経ちましたが・・・
日本画家・藤野啓子さんの個展に行ってきました。
場所はぎゃるりーら・ぱれっと。
e0193561_294849.jpg


箔を貼付けたり、皺の付いた和紙を使ったりしたマチエール感のある作品が印象的でした。
日本画絵具を使用した作品がメインでしたが、数枚デッサンがあり、最新作(?)は紙のカッティングを利用した切り絵の技法をミックスさせた作品でした。
モチーフは植物が多いのですが、新作は波紋の広がる水面を描いた作品でした。

兎に角、僕の好きな作家さんです。
描写力は、じーっと画面を見続けたいくらいあります。日本画絵具や箔を使用した趣のある画風、モチーフの並べ方が大胆だったりして構図等にも惹かれます。

僕も日本画を描いていた事があり、現在も日本画絵具の色等には影響を受けているので、また日本画を描きたくなりました。
日本画でなくても絵を描きたくなりました。



「日本画良いな」と思いつつ、まだアクリル画やステンシルメインで制作しています。
最近ではキャンバス以外にプラバンやTシャツにステンシルで絵を描いています。

その僕が作ったTシャツを、僕の好きなでんぱ組.incのメンバーである最上もがさんが着てくれました!(ジャージの下なので確認し難いでけど)
e0193561_29549.jpg

https://twitter.com/mogatanpe/status/515855776620228609
といっても、僕のTシャツを選んで買ってくれて着てくれたのではなく、僕がプレゼントしただけなんです。
一応ファンなので、「自分はこういう物を作っている」という自己紹介も含めてファンレターと一緒に送りました。
本当にヲタまっしぐらな感じですけど・・・
彼女のブログにファンレターの宛先が書かれているから送っちゃいますよ。
兎に角、着てくれたという事は、気に入ってくれたと勝手に理解しています。

今回は一方的にプレゼントした形なので、いつかは向こうから買ってくれるような人間になりたいです。もっと頑張らないと!(追記)

このTシャツはアートマーケットで販売していた黒x銀の猫Tシャツです。
gallery01では黒x金、白x金が販売中です。



でんぱーりーナイト(初回限定盤A)
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-05 02:22 | 芸術 | Comments(0)
2014年 10月 05日
The ArrivalとSyroの日
リリースされて時間が経過していますが、AKLOのセカンドアルバム『The Arrival』を購入しました。
e0193561_147045.jpg


The Arrival feat. JAY'ED
この一発目でやられました。フックが『Ready or not here I cme』のアレンジ。Fugeesが好きで聞いていた僕は反応してしまいました。(オリジナルはThe Delfonics)
この曲は前回のファーストアルバム『The Package』の印象的な部分を抜粋して集めたメガミックスの様な曲だと思います。

Break the Records
2曲目から攻めの曲です。AKLOお得意のTOGARIな曲です。「Call me Mr.Nice watch 2:50 江頭」がニヤニヤできる歌詞でした。
フックの「このcrazyなworld」という部分を聞いて、今でもAKLOはそう思っているのかと思って、僕もそう思っていた頃を思い出しました。トラックはトラップ要素が入っていて好みです。後半に「こんなシーンを待ってたぜ!日本語Rap!」という台詞が入った後にガラッと曲調が変わります。後で分かったのですが、その声は『さんぴんCAMP』の時のMuro氏の声とのこと。最先端な日本語ラップをしながら、しっかりと温故知新であります。
AKLO "Break the Records"


NO x 3
「誘惑だらけのこの世界で・・・」から始まる曲。攻める為に「NO」と断る力を歌った曲。
フックの「悪いが誰にも邪魔させないぜ」という部分が良いですね。
トラックは地味で少し重め。

Turn Up
トラックは少しアッパーになります。ハスラーな生活を歌った曲です。「足下はNIKE ID」という具体的な部分に反応してしまいます。

RGTO feat. SALU, H. TEFLON & K DUB SHINE
このアルバムのメインディッシュの様な曲です。SALUやH.TEFLONくらいと一緒に曲を作るのは珍しくないと思いますが、キング儀ドラのK DUB SHINEが参加している事に驚きました。以前K DUB SHINEのリミックスにAKLOが参加した繋がりだと思います。
PVが面白いです。お気に入りの歌詞は「「Hot な Verse ?」 Like タイカレー」ですね。僕がカレー好きなので(^ ^)
AKLO "RGTO" feat.SALU, 鋼田テフロン & Kダブシャイン


時限爆弾
ベースミュージック直結のヒップホップトラック。
ジワジワ攻める様な曲です。兎に角「時限爆弾」というフックが印象的。

Butterfly
明るめなトラップ調トラック。女の子の事を歌った曲で、昔の『Player』という曲を思い出します。
「短い間に Fall In love してMorning Call の後」という歌詞の部分が超滑らかで好きです。

I Don't Care Feat. Crystal Kay
Cristal Kayまで参加。「気にせずに、やればできる」という様な歌詞で「バカにした奴ら尻目に 今はど派手にセレブレイティング」なんて、ここまで上り詰めたAKLOだから説得力のある歌詞です。

ZUWAI
「孤独なPLAYER」というサンプリングループが印象的なこの曲も彼の人生を歌った様な曲です。
シリアスなんですけど、「伊佐坂先生みたいにギリまで書く原稿」なんて歌詞もあり、ユーモラスな部分も少しだけ入っています。

Catch Me If You Can Feat. KREVA
キック・ザ・カンクルーのKREVAが参加。以前KREVAの曲に参加ていたので、今回は逆にAKLOの曲に参加。キングギドラの曲でK DUB SHINEから「感狂う」と言われた、そのK DUB SHINEと一緒のアルバムに収録されているのが何か面白いです。(ミーハーな見方)

BGM
これも女の子(彼女)の生活を歌った曲で、前回のアルバム収録曲『FOOT PRINT』の後の『THE LADY』の続きと思っても良いでしょうか。面白いですね。

Blind
アルバム最後の曲も彼の生き方を表現した様な曲です。

Break the Record Remix feat. KOHH & 漢
特典CD収録曲です。リミックスなんですけど、トラックも新しくラップもレコーディングし直しています。
KOHHは常にボコーダーのかかった声。漢は・・・というか、MSCのMC漢が参加している事に驚きです。

このアルバム、期待以上の出来でした。



その逆で、期待しまくっていた為ちょっと残念だったのがコレ。
e0193561_1471532.jpg

APHEX TWINが13年振りにリリースした『Syro』。

APHEX TWINは好きです。
僕自身も影響を受けていますけど、リリース前に超期待してしまったんです。。。

『Richard D james album』『Windowlicker』『Druqs』と続いて「次はどんな奇抜な曲を持って来たのか?」なんて期待し過ぎました。
以前リリースした様な「世界を変えた音楽」では無く、流行等一切考えていない「Aphex Twinが作った曲」でした。
ドリルンベースの様な超複雑なビートの曲は少なく、アシッドテイストの曲多めでした。

以前の曲はコレ。
Monkey Drummer - Chris Cunningham + Aphex Twin

これ以上の、どんなもの凄い曲が入っているのかと期待してたんですけど。

新作はコレ。
Aphex Twin - minipops 67 [120.2][source field mix]

まあ、悪くはないですけど。
[PR]

by ymtdsk | 2014-10-05 02:08 | 音楽 | Comments(0)