人気ブログランキング |
</a>
2019年 12月 31日
またFUTURAの事を書く日
Futuraの個展が日本で20年振り(正確には19年振り?)に開催されたので行ってきました。
会場は渋谷のThe Massという所で、会期は11月16日から12月15日でした。
展示されたのは大きい彫刻作品と、個展前にFuturaが日本滞在中の2週間程で制作したペインティングとコラージュ作品。個展ではありますが、写真家である息子の13th Witnessの作品も展示しStashとの合作も1点展示されていました。
2000年に日本で開催した個展タイトルは「COMMAND Z」(MOUT主催で会場がNOWHERE?)で、その続編のように今回のタイトルが「GENERATION Z」でした。

2003年のOlieの記事にFutura初の個展「THE CENTURY OF ICONOGRAPHY」がBAPE GALLERYで開催してると書いてあるが、、、

Futuraの動向はインスタグラムでチェックしまくっていて、個展の前から日本に来て作品を制作している様子がアップされていました。個展のお知らせをしたのは一ヶ月前だったか一週間前だったでしょうか。
個展に合わせてリリースされたアイテムも多数あり、コラボブランドはHysteric Glamour、WTAPS、agnes b、NEIGHBORHOOD、KUUMBA。僕は最終日に行ってチェックし忘れましたがほぼ売り切れだったでしょう、、、
Futuraは個展開催1週間は日本に滞在されていましたが、最終日はもう海外に行かれていました。

個展内容ですが、人間と同じくらいの大きさのキャラクターの金属作品と、50〜60cmの金属製のキャラクターとセラミック製のキャラクター作品、アブストラクトペインティング、箱型になったコラージュ作品でした。その他に13th Witnessの写真、集められた無数の鍵が大きい束になって吊るされていました。
またFUTURAの事を書く日_e0193561_11424208.jpg
まずThe Massに着くと、ガラス張りの2つのスペースがありました。
左側のスペースには大きい金属の彫刻作品が3体並び奥に巨大なペインティング作品、隣にFuturaのシグニチャーのネオン。このスペースには入室できず屋外からの鑑賞。(オープニングレセプションでは解放されていました。)
またFUTURAの事を書く日_e0193561_11431718.jpg
右側のスペースには手前に鍵の束、スケボーの板にペイントした作品と、13th Witnessの写真作品。
またFUTURAの事を書く日_e0193561_11435215.jpg
階段を降りて下に降りると木製の自動扉があり、奥にキャンバス作品と立体作品がありました。
キャンバスは50cm角のものから150号くらいのものまであり、円形のキャンバスもありました。
キャンバス作品はアブストラクトペイントで、Futuraの得意なフリーハンドによる正円やアトミックリングを描いたものもあり。扉の付いた箱型のコラージュ作品はインスタグラムではTOKYU HANDSと書かれてアップされていますが、日本で入手されたであろう紙をカットしてコラージュされたものでした。m&mとのコラボでもあるのでしょうか。
またFUTURAの事を書く日_e0193561_11414958.jpg
作品は個展開催前に全て完売とのことでした。
作品の金額を聞いたら、予想していたより高額でした。世界で活躍しているアーティストですし、そのくらいするのかなと思いました。

キャンバス作品は描きこんだ様な作品ではなく感覚を頼りにして素早く描いたようなものが多かったですが、64歳がまだバリバリ現役でスプレー缶を持って制作しているパワーを感じました。
現在はグラフィティライターではなくアーティストになっていますが、グラフィティが生まれた頃から活動を続けています。20年程前からの繋がりのあるnigoやスケートシング等との交流も続き、最近は村上隆のスタジオでの制作も行ったようです。自分のスタイルを持ちつつ、今の時代に活躍する人間と交流し対応する柔軟さが素晴らしいです。
来年はoff-whiteとのコラボが控えていますが、、、どうなるのでしょうか。



by ymtdsk | 2019-12-31 11:46 | Comments(0)


<< 2019年最後の日      ★けんしん美術展と別府大学のあ... >>