</a>
2018年 09月 02日
★国民文化祭・おおいた2018の企画に参加します
今年は大分で第33回国民文化祭・おおいた2018と第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会が開催されます。

今回は「おおいた大茶会」というテーマがあって、大分市で企画されているのが「回遊劇場」というものになります。
「回遊劇場」の企画の中にCIAO's Cafe、ウォールアート、市民参加イベント、パブリックアートの4つがあります。
僕はCIAO's Cafeに参加する予定です。
内容は「おおいた大茶会」に絡めて、大分市の喫茶店に作品を展示するというものです。
場所は大分駅の北口を出てアーケードに入ってすぐのカフェ・ドBGMという喫茶店です。

どんな展示になるか楽しみです。

作品は販売できるようになると思います。
あと、僕が作品を解説するツアー企画もあるかもしれません。

e0193561_21503637.jpg
大分市の街中には、このポスターが沢山張られています。

■回遊劇場〜ひらく・であう・めぐる〜
■会期:2018年10月6日(土)〜11月25日(日)
■会場:大分市中心市街地各所(僕はカフェ・ドBGMです)
■参加作家:網中いづる<イラストレーター> 井川惺亮<現代美術家> Olectronica<美術ユニット> Kana<美術家> 川島茂雄<竹工作家> 北村直登<画家> ザ・キャビンカンパニー<絵本作家> 汐月 顕<美術家> 芝田知明<ステンレス職人> 簀河原 淳<木工作家> 谷川広人<画家> 西野正将<美術家・映像ディレクター> 蜷川実花<写真家・映画監督> 松田周作<建築家> 三浦 温<服飾デザイナー> 宮崎勇次郎<背景絵師> 森 貴也<彫刻家> 山本大補<画家> ユキノ恭弘<芸術家>

http://www.oita-kokubunsai.jp/event/回遊劇場~ひらく・であう・めぐる~

[PR]

by ymtdsk | 2018-09-02 21:52 | お知らせ | Comments(4)
Commented by バジィー at 2018-09-03 03:10 x
私の住んでいる「区」でも文化祭がありますが、何かパッとしない。我が街自体、文化施設に乏しく、これと云ったホールや展示場といったモノが無い。どちらかと言うとリゾートに近い街(海水浴場2つ、リゾートホテル、スーパー銭湯3つ、テニスコート、ゴルフ場、モトクロス場が車で10分ぐらい)。周りから羨ましがれるが、住んでいると銭湯以外、そんな所に行かない(笑

秋に市のアンデパンダン展の募集が始まる、それに出品。賞の数の多さが魅力。そんなに予算があるなら県展に廻した方が良い様な(笑。その県展も絵画部門の出品数が激減(300数十点が175点に)、運営の在り方を考えないと誰も出さなくなる
Commented by ymtdsk at 2018-09-06 19:28
>バジィーさん
なるほどー。そういう地域性のある場所はあるでしょうね。
僕も「おんせん県」という別名がつけられるくらい温泉の多い大分県に住んでいるのですが、僕はそんなに温泉好きじゃないんですよね〜。なので、バジィーさんの気持ちわかりますね。

市の美術展ですよね?それも地域によって異なるんですね。
大分は、県の美術展(県美展)は春と秋(来年から秋のみ)で賞はありますが賞金は出ません。
市の美術展(市美展)は春にあり、賞金が出ます。
この話しましたっけ?(笑)
県美展は、学校の先生を辞められた先生と現役の先生達が中心になって動いている気がします。絵を描く人が高齢化していて、若い人が少ないので10年後20年後はどうなるのかと…
大分県の美術展運営に関して僕が気になる部分はそこですね。。。
Commented by バジィー at 2018-09-06 21:11 x
>>おんせん県
九州一周旅行した時、立ち寄りましたが別府温泉には入らなかったです(汗 雲仙でお腹を壊して苦しんだのを憶えている。
ウチの県展は美術館長の裁量一つ(好み)で決まる大賞(50万円)があります。

>>若い人が少ないので10年後20年後はどうなるのかと…
我が県も同じで、それを考えて技量(アイデア)が劣る若手にも賞が獲れるようにしている。その内、コピックで描いたアニメ部門とか出来そう(笑 実際、美術館でアニメ関連の企画展をすると桁違いの入場者が来る。
Commented by ymtdsk at 2018-09-13 00:16
>バジィーさん
美術館長の裁量一つで決まっちゃうんですかー
厳しいですね(笑)
多数決等で決めて欲しいものですね。。。

技量が劣る若手にも賞が獲れるようにしているというのも、なんだかなーと思いますね。まあ、努力の跡を見ての判断であれば良いと思いますけど。。。


<< ★第73回 行動展@ 国立新美...      711の日 >>