</a>
2016年 04月 02日
市美展を見た日
先週で、大分市美術展が終わりました。
作品は家に帰ってきました。

ご覧になって頂けたでしょうか。

僕の作品は、納得の出来ていない部分が多く、もっと頑張れたと思っています。
加筆しようかと考えています。
未完成ですが、なんとか区切りの良いところで終わらせたのでサインを入れました。
しっかりサインを書いてしまうと「完成」という事になってしまうと思い、後で消す事のできる鉛筆でササっと簡単に書いたサインでした。(いつもとサインが違う事に気付かれた方もいました。)
今作が一番良いという方もいましたから、自分の納得のできていない部分を補えば完璧に近くなるのかな。。と思ったりしました。
e0193561_10153028.jpg

50周年記念大賞を受賞されたのは村上真由美さん。
森洋一先生の絵画教室の生徒さんなのですが、重厚なマチエールを作る森先生直結ではない画風で女性らしい繊細なマチエールの上に淡く柔らかい雰囲気で描かれた作品でした。
構図も良かったです。異なったポーズをとる4人の人物が描かれているのですが、人物の頭の部分を全て入れず、逆に足から下の床の空間を多く取る構図が良いです。
僕も4ポーズの裸婦を1画面に横並びに配置した絵を描きましたが、空間の取り方にまで考える力がなかったですね〜。

大分市美術館賞の伊藤さんのシルクスクリーン作品は、卒業制作展で見ましたが、ズルいですよ。受賞しますよ。
超繊細なシルクスクリーン作品で、写真をパソコンで加工した後に製版したのか、、、工程は憶測でしか言えませんが、、、抽象画にも見える作品で、僕の好きな感じでした。

あと、アート・ブラザー賞の斎藤さん、、、
以前から大分で発表されていました???初めて見た気がします。
色使いがバリ島の民族衣装の様でもあり、日本の極彩色の様でもある。
しかし、モチーフは西洋絵画でよく使われる静物だったりして、絵の中にある文様の様なデザインはオリジナルなのでしょうか。。。
僕も持っていない感覚でした。

それと、大分市教育長賞の後藤さんの切り絵は、小さい作品でしたが秀逸でした。
パッと見は小さくて素通りしてしまいそうになりますが、じっくり見てみました。
漢字、ひらがな、カタカナを使って書かれた文章の文字を切り取ったものでした。(文字だけを切り抜いてしまうと、バラバラになるので、文字と細かい網が重なったものを切り抜いて作っていました。)
会場では「細かい」と思って写真を撮りました。家に帰って文字を読むと、亡くなったおじいちゃんへ宛てた文章だったのです。泣きそうになりました。
作品中に文字を使って感情移入させるのは、美術ではズルい気がしますが(笑)、これも新しい表現だなと思いました。
実は以前アートマーケットで作品についての話を聞いた事のある方でした。

緑ヶ丘高校の生徒も何人も受賞されていて、良いと思う作品がありました。

黒川さん、森さん、西牟田さん等のベテラン組さんの大作が並ぶ壁もありましたね。

受賞されていない作品にも良いものがあり、知り合いの作品もありました。

今回は、締め切りギリギリまで描いて(いつもの事ですが)、出品しないでおこうかと諦めそうになりましたが、出品せずに諦めると絶対後悔するのは知っていたので出品しました。
受賞もできましたし、良い結果になりました。
来年は早めに完成させたいです。
[PR]

by ymtdsk | 2016-04-02 10:26 | 美術 | Comments(0)


<< 3:00を見た日      池辺法子展を見た日 >>