</a>
2014年 09月 16日
美しい世界を知っている日
先日、安部沙保里さんの個展「美しい世界を知っている」 をアートプラザへ見に行ってきました。
e0193561_13555376.jpg

大学の年の離れた後輩です。
彼女の作品は大分の美術作品の展示でよく目にしています。このブログでも何度か名前が出て来たと思います。

彼女の作品はほぼ抽象画に近い作品です。
じっくり見ると風景や人物が見えます。
一見、印象派のスタイルに見えますが、本人はそのつもりは無いようです。

作品によっては別府大学の松本先生のスタイルに直結した様なものもありましたが、徐々に自分の色とスタイルを見つけているようでした。(松本先生の作品に近づくのは一部の別府大学生の特徴かもしれません)

ほとんどが100号レベルの大作でしたが、10号レベルの小さい作品もあり、少し写真もありました。写真は日常的に目にする風景の様なものでした。僕はInstagram等で写真をアップしていますが、彼女なりの作品としてのアウトプットなのかなと感じました。

gallery0101でも小品展が開催されていました。
e0193561_1356366.jpg

gallery01はアート作品を販売しているギャラリー兼ショップです。
大分大学や芸短の学生や卒業生は、アート作品を販売する人が多いと思います。
別府大学の学生は「一般受けするアート」よりも美術史から美術を学んで自分なりの芸術を突き詰めているタイプだと思います。それは卒業制作点を見ても感じます。
そんな別大卒業生がgallery01で展示するという事が、僕は良いと思いました。
しかも一般の人には受け入れられ難い抽象画で。(実際に、お客さんは何が描かれているか分からない抽象画よりも、人物の形がよく残っている作品に目が行っていたそうです。)

若手がどんどん活躍するのは楽しみでもありますが、焦りもあります(^ ^;)
頑張ります。
[PR]

by ymtdsk | 2014-09-16 16:55 | 美術 | Comments(0)


<< 13/14の日      アートマーケットvol.20終... >>