</a>
2012年 03月 04日
歯医者に行った日
e0193561_14332944.jpg


昨日歯医者に行ったので、歯医者の話。

大人になって、歯医者への恐怖心は子供の頃程ありません。
例えば虫歯の進行を数十分の我慢で抑える事が出来ると考えると、我慢出来ますね。

子供の頃歯医者に行って治療してくれている先生に対して「死ね!ジジイ!」と大声で叫んで、連れて行ってくれた祖母が恥ずかしい思いをしたという話を聞きました…
(僕は全く記憶していません。。。)

痛いのは、麻酔の注射と、神経に響く時だけですね。
今は麻酔の注射を打つ前に、麻酔の薬を塗って注射の痛みも感じにくくしてくれる所もあります。



歯医者に対しての思いは子供の頃と変わって、まず治療工程を気にするようになりました。どういう方法で治療するのかを具体的に知りたいという欲が出てきました。それと、立体造形の視点から見るようになってきましたね。(削ったりする工程、雌型を取ったりする工程で・・・)
特殊メイクに憧れていた僕にとっては、雌型を作るあのゴムは子供の頃欲しかった材料です。
もう一つ、音に関してもドリルの「キューン」という音等は「あ、良い音!」と思ったりします。

「ただ怖い場所」と思っていた子供時代よりも、見る目線が変わったという事ですね。



あと、僕は八重歯が出てるんですが、このままにしておく事に危機感を感じてきました。
元JUDY AND MARYのYUKIちゃんの八重歯時代とか可愛かったですし、今でも八重歯の女の子とか可愛く見えたりします。(女子の話ですが・・・)
歯医者で「八重歯が可愛い時代は終わった」という様な広告を目にした事もありますし。
それ以上に「噛み合わせ」で、歯への負担が偏って本当に悪い状態になってしまうという話を聞きました。

本気で矯正を考えようと思います。
矯正の器具も独特ですよね。
ピアスを付けていた僕としては、体に金属を付けたりする事は抵抗ないので平気です。


歯医者嫌いの方、すみませんでした。




絵の話。
新作がゆ~っくり増えてきています。



■告 知■

「n i c o y a 展 ~こすたりか・アートデイ~」
2012年3月20日(火・春分の日)
10:00~18:00
at カフェレスト こすたりか

参加作家
■北村直登 http://naotokitamura.com/
■タナカサトル http://peu-a-peu.fem.jp/
■ぬのことば http://nunokotoba.jp/
■山本大補 http://www.ymtdsk.com
[PR]

by ymtdsk | 2012-03-04 14:50 | LIFE | Comments(0)


<< 東京・横浜に行った日その①      セッションの日 >>